福岡県北九州市にある小倉東篠崎教会

【教会員・一般の方共通】

TEL.093-951-7199

最新のお知らせ - 小倉東篠崎教会 - Page 12

6月13日~6月19日の集会ご案内

6月13日(土) 土曜礼拝—夕拝・Saturday Worship(6月27日まで中止)

 

6月14日(日) 聖霊降臨節第三主日/こどもの日・花の日家族礼拝―朝拝

時間   午前10時15分~11時15分

説教   「かみさま、みーつけた!」 沖村 裕史 牧師

聖書   使徒言行録17章22~28節

讃美歌  こ115, 470, 65-1, 533

交読   詩編25篇1~11節

※コロナウィルスへの対策・対応として、6月14日(日)までの教会堂での礼拝は中止といたします。それぞれのご家庭で、共に礼拝をお守りください。

 

6月17日(水) 学びと祈りの集い(6月24日まで中止)

6月6日~6月12日の集会ご案内

6月6日(土) 土曜礼拝—夕拝・Saturday Worship(中止)

 

6月7日(日) 聖霊降臨節第二主日礼拝―朝拝

時間   午前10時15分~11時15分

説教  「あなたのひと言が欲しい」沖村 裕史 牧師

聖書   マタイによる福音書8章5~13節

讃美歌  18, 351, 58, 65-1, 472

交読   詩編119篇41~48節

※コロナウィルスへの対策・対応として、6月14日(日)までの教会堂での礼拝は中止といたします。それぞれのご家庭で、共に礼拝をお守りください。

 

6月10日(水) 学びと祈りの集い(中止)

 

6月10日(水) 賛美と祈りの夕(中止)

 

北九州市「新型コロナウィルス感染拡大」に伴う対応のお知らせ

 5月14日の緊急事態宣言解除後、主日礼拝を再開することを赦されましたが、5月23日以降、北九州市内で感染者が急増。緊急事態宣言時を超える状況に、市行政からは「二次感染のまっただ中にある」という表現と共に、感染防止のための自粛要請を含む行動指針が示されました。
 これまで以上の注意と徹底した対策が求められる中、弊教会役員会では、皆様とご家族、何よりも隣人の「いのち」を守るために、「当面、6月17日(水)までの教会行事のすべてを中止または延期する」こととさせていただきました。
 皆様には、この教会ホームページをご覧いただきながら、「それぞれの場で、共に」礼拝をお捧げくださいますようお願い申し上げます。
 6月18日以降の教会諸行事の再開可否については改めてお知らせいたしますが、より一層の予防対策と対応を整えて皆様をお迎えできるよう、すでに諸準備に取り掛かっております。どうぞ、新型コロナウィルスを恐れつつ、しかし冷静にわたしたちにできることを見極め、皆様と共に励まし合い、最善を尽くしてまいりたいと願っております。
 皆様のご健康とご平安をお祈りしつつ、取り急ぎご連絡を申し上げます。

2020年6月1日   日本基督教団 小倉東篠崎教会
牧師 沖村裕史・役員会

 

「あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。

神は真実な方です。

あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、

試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます。」

(コリントの信徒への手紙一10章13節)

5月30日~6月5日の集会ご案内

5月30日(土) 土曜礼拝—夕拝・Saturday Worship(中止)

※6月5日(土)18時30分よりスタートします。

※初めて教会に行く、まだ慣れていない、学校の課題のために、そう思っている「あなた」のための夕拝です。

※分かりやすく、心に沁みるメッセージとギター伴奏による、40~45分の短い礼拝です。どうぞお越しください。

 

5月31日(日) 聖日礼拝・聖霊降臨日・ペンテコステ

時間   午前10時15分~11時15分

説教  「新しく生まれる」沖村 裕史 牧師

聖書   ガラテヤの信徒への手紙1章13~24節

讃美歌  17, 343, 442, 64, 406

交読   詩編119篇9~16節

※コロナウィルスへの対策・対応として、礼拝時間の短縮、換気の徹底、座席間隔の確保、マスクの着用、玄関での消毒に努めています。ご理解・ご協力ください。

 

6月3日(水) 学びと祈りの集い Continue reading

新型コロナウィルス対策・緊急事態宣言の「解除」に伴う『礼拝再開』のお知らせ

 聖名賛美 主の復活を覚える季節、主の御恵みの内をお過ごしのことと存じます。
 本日、新型コロナウィルス対策・緊急事態宣言の厳重警戒地域から、福岡県が指定解除されることと相成りました。それに伴いまして、教会役員会では、来る5月17日(日)より、主日礼拝を再開することといたしましたので、急ぎお知らせいたします。
 ただ、引き続きコロナウィルスへの十分な警戒と対策が必要であることは申し上げるまでもありません。礼拝にあたっては、座席間隔、換気、消毒、マスク着用、礼拝時間(讃美歌・説教)の短縮といった対策を取ることといたします。ご理解・ご協力ください。
 また、5月中の礼拝以外の主日行事は、中止、または6月に延期いたします。主日以外の行事につきましても、学びと祈りの集い(聖書研究祈祷会)は5月27日から、教会学校を含む、その他行事につきましては、6月からの再開といたします。
 皆様とお会いできることを楽しみにしつつ、取り急ぎご連絡申し上げます。 在主

                           Continue reading

5月23日~29日の集会ご案内

5月23日 土曜礼拝・Saturday Worship(中止)

 

5月24日 聖日礼拝・復活節第7主日

時間   午前10時15分~11時15分

説教  「御心ならば」沖村 裕史 牧師

聖書   マタイによる福音書8章1~4節

讃美歌  16, 336, 446, 64, 531

交読   詩編25篇1~22節

※コロナウィルスへの対策・対応として、礼拝時間の短縮、換気の徹底、座席間隔の確保、マスクの着用、玄関での消毒に努めています。ご理解・ご協力ください。

 

5月27日 学びと祈りの集い

時間   Continue reading

5月16日~22日集会のご案内

5月16日 土曜礼拝・Saturday Worship(中止)

 

5月17日 聖日礼拝・復活節第6主日

時間   午前10時15分~11時15分

説教  「激流が押し寄せてきても」沖村 裕史 牧師

聖書   マタイによる福音書7章24~29節

讃美歌  15, 329, 454, 64, 390

交読   詩編62篇1~13節

※緊急事態宣言の解除に伴い、聖日礼拝のみ再開いたします。ただ警戒と対策を怠ることのないよう、礼拝時間の短縮、換気の徹底、座席間隔の確保、マスクの着用、玄関での消毒について、ご理解・ご協力ください。

 

5月20日 学びと祈りの集い(中止)

 

5月20日 讃美と祈りの夕(中止)

「新型コロナウィルス対策・緊急事態宣言」の期間延期に伴う対応について

 5月4日、緊急事態宣言に伴う外出・集会・移動・休業に関する自粛要請の期間が、5月31日まで延期されることとなりました。

 当教会におきましても、福岡県、北九州市でのコロナウィルス感染状況を踏まえ、教会諸行事のすべてを中止する措置を、5月末日まで継続することといたしました。

 わたしたち一人ひとりに神から与えられた「いのち」以上に大切なものは、この世に一つとしてございません。どうぞ、教会員・会友の皆様はもとより、ご家族、医療・介護従事者、そして多くの隣人のいのちを守るために、これまで通り、主日午前10時15分の時間に合わせて、ご自宅で、ご家族ご一緒に礼拝をお守りいただきますようお願いいたします。

 なお、緊急事態宣言終了後も、長期にわたるコロナウィルス対策と対応が求められることになろうと思います。その際の教会諸行事の持ち方等につきましては、改めて検討の上、お知らせ申し上げたいと存じます。ご理解・ご協力のほど宜しくお願いいたします。

 わたしたちとわたしたちの繋がりのある人たちもない人たちも、とりわけ、今、感染によって苦しんでおられる方、愛する人を亡くされた方、医療・介護に従事しているすべての方々の上に、この感染症に対するできうる限りの対策が講じられて、そのかけがえのないいのちと生活が守られますよう切に祈りつつ、お知らせいたします。

 2020年5月5日 小倉東篠崎教会

5月2日~5月8日の集会ご案内

5月3日 聖日礼拝

時間   午前10時15分~11時30分

説教     「狭い門から」沖村 裕史 牧師

聖書   マタイによる福音書7章13~14節

讃美歌  13, 327, 274, 64, 505

交 読   詩編100篇1~5節

※礼拝堂では牧師だけで礼拝を守ります。ご自宅等、それぞれの場所で同じ時間にご一緒にお守りください。

 

5月6日 学びと祈りの集い(中止)

 

「新型コロナウィルス対策・緊急事態宣言」に伴う対応について

 新型コロナウィルス対策のための緊急事態宣言に福岡県が対象地域に指定されますことから、小倉東篠崎教会役員会では、5月7日(木)までの教会行事のすべてを中止とさせていただくことといたしました。

 このような決断は、115年の小倉東篠崎教会の歴史においても、前例のないことです。戦時下の空襲の中にあっても、顔と顔とを合わせた人格的な信仰の交わりを重んじてきた教会にとっては極めて危機的な状況です。教会の最も大切な礼拝であるイースター礼拝だけは、せめて一堂に会してお捧げしたいと願っていましたが、感染者の急増を考えます時、皆様の健康と生命の安全はもとより、隣人の命を守るためにも、わたしたち教会が、人間的傲慢を打ち砕かれ、畏れと信仰をもって祈りつつ、率先して感染防止に努めることは、いのちの主である神の御心に沿うものであると決断いたします。

 つきましては、ご案内申し上げておりました4月12日(日)のイースター礼拝並びに墓前礼拝以降、すべての礼拝を中止とし、牧師だけが教会堂で礼拝を守らせていただきます。皆様におかれましては、同じ時刻に、ともに祈りと賛美を捧げていただきますようお願い申し上げます。

 なお当日の礼拝式順と説教内容は教会ホームページに掲載させていただく予定です。説教の印刷物をご希望の方は郵送させていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。

 皆様のご健康とご平安をお祈りしつつ、取り急ぎお知らせ申し上げます。

 


「主よ、あなたはわたしを究め/わたしを知っておられる。

座るのも立つのも知り/遠くからわたしの計らいを悟っておられる。

歩くのも伏すのも見分け/わたしの道にことごとく通じておられる。

わたしの舌がまだひと言も語らぬさきに/主よ、あなたはすべてを知っておられる。

前からも後ろからもわたしを囲み/御手をわたしの上に置いていてくださる。」

                      (詩編139篇1~5節)

  Continue reading